「転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮」とは?

発足の経緯

転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮は、2011年5月に転勤族の未就園児親子のためのサークルとして立ち上げました。
現在は、転ママplusを母体にし、その団体内サークルとして、
“転勤族のママ同士の交流を深めながら、小さいお子さん同士も仲良くなり、親子共に楽しむ” という、転ママ独自の活動をおこなっています。

転勤族のパパは会社があり、その中での関係が保たれますが、ママや子ども達はパパの転勤に伴って、今までやっと住み慣れた場所を泣く泣く後にして、自分の意思ではない不安な気持ちを抱えて、全く知らない土地にお引越ししてきます。

代表の松村も、2010年12月、名古屋から西宮に転勤で引越ししてきたことをきっかけに、転勤族“親子”に優しいサークルはないかと探していました。

親子共で一緒に楽しめるサークルで、なおかつ、0歳時からではなく、既に公園などでは、お友達関係が確立してしまっているような2歳や3歳ぐらいからでも気軽に入ることの
できるサークルがみつからなかったため、自分でつくることを決意。

偶然、転勤族の妻を支援する団体で知り合った2組のママに声をかけ、妻やママだけでもなく、子供だけでもなく、
“転勤族のママと子供が一緒に仲良くなれるサークル”を結成。

結成当初は、mixiやウイメンズパーク・西宮市子育て総合センターでのイベントで知り合った方などを集め15組でスタート。
その後、結成後半年以内に50組突破。1年経過時点で、のべ100組の方々に入会していただきました。
現在まで400組以上の親子さんが活動に参加してくださいました。
(そして、既に西宮・阪神間から転勤してしまった方々や入園等で卒業した方も、同窓会組織「転ママnext!」で親睦を継続して深めています。)

今後も転勤族の多い西宮でさらに、ママにも子どもたちにとっても、また、パパも一緒に家族ぐるみで・・・優しくホッとできるサークルを目指しています。

今までに取り上げていただいたメディア

【新聞】
朝日新聞 2016年2月24日夕刊掲載(ネット版にも掲載)
産経新聞 2015年2月18日朝刊掲載(2月27日ネット拡大版にも掲載)
神戸新聞 2016年6月 6日朝刊掲載、2014年4月 9日朝刊掲載、7月29日朝刊掲載  
讀賣新聞 2014年4月13日朝刊掲載 
サンケイリビング(西宮・芦屋版)2012年6月
【雑誌】
AERA WITH BABY 2012年4月号
【テレビ】
関西テレビ「ニュースアンカー」(市長選特集・代表&メンバー出演)2014年4月
【ラジオ】
さくらFM 2014年9月23日出演
FM GIG(インターネットラジオ)2014年10月24日出演
【ネット】
インターネットサイト「ミヤママスタイル」特集記事 2014年8月21日掲載
【情報紙】
シティライフ阪神版 2011年6月号、2014年12月号 
ネット通信7.8月号(子育てネットワーク西宮 刊)2014年
コープこうべpiu・サポートセンターニュース等 複数回掲載
◆チラシ A4三つ折版 毎年約500部配布(子育て総合センターほか配布)

サークルの内容

お世話役さんが中心となり、企画運営しています。

【転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮 (未就園児隊)の活動】
◆おしゃべりお遊び会(月1回、概ね第3月曜日。参加費100円程度。)
◆学年会(2ヶ月に1度程度。ランチ会や工場見学、近隣施設や公園等でのあつまりなど。)

【転ママplusとの合同企画 (未就園児隊とOGとの合同)】
◆西宮探検(おでかけ)
◆講座・イベント・幼稚園お悩み相談会
◆プチサークル(ママ食堂部など)

※まずは、おしゃべりお遊び会に見学にお越しいただき、雰囲気を感じていただけます。
(場所等詳細は、見学のお申し込みをいただいたのち、お伝えしています)

サークルへの入会方法

下記フォームより必要事項をご記入の上、送信してください。
(担当者は子育ての合間に事務作業をしていますため、お送りいただいて3日以内程度でご返信いたしますことをご了承ください。連絡が無い場合は通信障害の場合もございますので、tennmamaandkids@yahoo.co.jpにご連絡くださいませ。)